「再生可能エネルギー」への100%移行は可能か?

ドイツ・再生可能エネルギープロジェクトの立案者の一人、マティアス・ヴィレンバッハー氏が提案するマスタープラン

メルケル首相への手紙 ――ドイツのエネルギー大転換を成功させよ!

マティアス・ヴィレンバッハ― /著

滝川薫 村上敦 /訳

表紙・タイトルは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

原子力発電による放射性廃棄物、火力発電による粉塵のない世界へ――

 

2011年7月、ドイツは10年以内での原子力発電の廃止を決定しました。また原子力発電だけでなく、再生可能エネルギーへのシフトを大胆に進めることで温室効果ガス削減の高い目標を設定。

さらに省エネ政策の推進でエネルギー消費量を2050年までに50%削減することを目標とするなど、エネルギー問題への高い意識が根付いています。

 

そのドイツでも有名な再生可能エネルギーの開発会社であるjuwiの設立者・マティアス・ヴィレンバッハ―氏が2013年にドイツで発行した書籍『Mein unmoralisches Angebot an die Kanzlerin: Denn die Energiewende darf nicht scheitern!』。

どのように「100%再生エネルギー社会」へとシフトするのか、そして一般的に高コストだと認識されがちな再生可能エネルギーがなぜドイツの国民と経済にとってベストなのか、といったことを経験を交えてわかりやすく解説し、ドイツ国内で高い評価を得てベストセラーとなった書籍です。

 

この書籍の和訳本が、ついに日本に登場します。

彼の行動力あふれるストーリーは、脱原発・脱脱原発を問わず魅力にあふれ、多くの人に勇気を与えるものとなるでしょう。

 

書店でのご注文

お近くの書店に書籍が置いていない場合は、以下のPDFファイルを印刷して、何も記入せずそのまま書店までお持ちください。

新刊予約票 メルケル首相への手紙
注文書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 162.5 KB

インターネットでのご注文